人目につかずキャッシングを申し込む方法

キャッシングを申しこむ目的はさまざまです。家計が苦しい。急で必要なお金ができた。買いたい物があるなど。でも、キャッシングを申し込む時、人目が気になりませんか?

キャッシングを利用するくらいお金に困っているのだろうか、などど変に勘ぐられるのも嫌ですよね。そこで、人目を気にせずキャッシングを申し込みたいですよね。それなら、電話やインターネットで申し込む事ができます。ここでは人目が気になる人がキャッシングを申し込む方法について見ていきましょう。

人目が気になる人がキャッシングを申し込むには

大手の消費者金融などでキャッシングを申し込む時、キャッシングを申し込む方法としてはまず思いつくのが来店による申し込みです。多くの人が思いつくと思います。もちろん、来店をして申し込む事は可能です。

でもこれだと知り合いなどに合ってしまうかもしれませんから嫌ですよね。そこで、電話やインターネットで申し込む方法もあります。また、無人の店舗で機械相手に申し込むというやり方も可能です。人目が気になる人はいろいろな申し込み方法を検討してみましょう。

急な借入に便利なキャッシングを比較

急な借入に便利なサービスがキャッシング。ここ数年で利用者は急増しているといわれています。

キャッシングの人気の理由は、やはり少額資金から即日融資が可能という事です。

毎月の生活費の足しに、急な用入りの補填など、ちょっとしたお金の工面が簡単に行える為、多くの利用者から支持されいるサービスでもあります。
キャッシングサービスは、大手銀行をはじめ、地銀や消費者金融など多くの金融機関で取り扱っています。

これだけ多くの金融機関で扱っているとなると、どこが良いのか悩むところです。
どこの機関もそれ程大きな違いはないと言えるのですが、一般的には、銀行では金利が低めに設定されているが、融資までの時間が掛かる場合があるといえます。

一方、消費者金融では、金利は高いものの、融資までの時間が短く即日対応が可能といえます。
この違いは審査に掛かる時間の違いといえます。

審査に時間を変えるという事は、それだけ貸し倒れのリスクを減らす事で、故に低い金利でも貸し出す事ができるのです。
とはいえ、消費者金融の上限金利は貸金法により定めらている為、法外な利息を請求される事はありません。

この様に両者それぞれ特徴がる為、少しでも低い金利で借りたいのであれば銀行系、今日明日中にお金が必要という方には、消費者金融系を使い分けする事も選択のひとつといえます。

キャッシングの返済方法であるリボ払いの気をつけるべき点

キャッシングをしている人の多くが選択しているであろう支払い方法にリボ払い(リボルビング方式)があります。

金額の枠によって返済額が毎月固定され、しかも少ないということで、キャッシング経験者ならば一度は体験したことがある返済方法かもしれません。

しかし、このリボ払いは諸刃の剣ともいえるものなので、慎重に支払い方法を選択する必要があります。なぜなら、リボ払いそのものは毎月の返済額が安くなるので自分の口座から引き落としされる金額は少ないものとなります。だいたい20万円借りたら月1万円ぐらいの支払いになりますので、楽だとお思いの方が多いのは事実です。

リボ払いで気をつけなければならないのは「早めに返す」ということです。その理由はリボ払いの明細にあります。月々1万円の返済であっても、その中の利子を見てください。2割ほどが利子として取られていませんか?ということは、実際には8,000円ほどしか返済していないことになります。

1万円ずつ返済しているからあと20ヶ月で終わるというわけではありません。ですから、リボ払いを使うときには、あまり多額のキャッシングをしないということを決めておくとよいでしょう。または最初からリボ払い以外の返済方法を選ぶと早く返済が終わります。一括や分割ならすぐ終わるので安心です。

カードローンも使い方で便利なもの

この頃、テレビのCMでもインターネットのバナーでもカードローンの宣伝がよくあると思いませんか。

それだけ利用者が増えてきているという感じがするのですが、カードローンは比較的、簡単にキャッシングができる事から、とても便利な生活の手段となっている気がします。

ローンというと何故か重たく感じるのですが、カードローンによるキャシングはとても身近で現金の準備が短期間でできるのが魅力かもしれません。

特に銀行のカードローンですと、他のカードローンにより金利が低く抑えられていることもあり便利です。

銀行からの借り入れというと住宅ローンや教育ローン、あるいはマイカーローンという借り入れを連想しがちなのですが、利用目的が幅広くてとても利用機会が増えることだと思います。

私も時々、計画的なのに範囲で利用するのですが、クレジット決済ができない場合がよくあるものです。

そんな時の現金支払いが必要だと分かっている時は、銀行のカードローンを使う時があります。

先日も私の仕事で有料セミナーに出席しなければならないことがありました。

ちょうど給料日前ということもあって、現金の持ち合わせがなかったのです。

数万円の有料セミナーでクレジット決済ができないということもあり、カードローンを使いました。

このようなちょっとした時でもカードローンが使えるということはとても便利なことだと思います。

キャッシングの増額申し込み

お金を借りるならココ!
http://okanekariru.suppa.jp/

 

キャッシングは1人1人に限度額が決められています。

10万円までの人もいれば、500万円までの人もいます。

しかし、限度額いっぱいまで借りている場合、「またお金が必要なのに、もう枠がない・・・」と困ってしまうこともありますよね。

そんな時、ローン会社に限度額増額の申し込みをすることができます。

もちろん審査をするので、希望が通る場合と通らない場合があります。

では、どのような人が増額しやすいのでしょうか?

まず、前回の審査から数か月以上は経っていること。

たとえば、限度額10万円で契約してから1週間後に増額を申し込んでも、希望は通りません。

次に、年収が増えている・勤続年数が長くなっていること。

属性が以前より良くなっていれば、増額しやすい傾向にあります。

最後に、当然ですが他社でのキャッシングが増えていないこと。

以上の条件を満たせば、絶対とは言えませんが増額できる可能性が上がります。

ネットでの即日融資は時間制限があるので・・・

消費者金融で即日融資を売りにしている所が沢山あります。さらにインターンネットで簡単申込み&審査で凄く便利です。

しかし、この即日融資を受けたいのなら、インターネット申し込みは、注意が必要です。インターネットで申し込み、審査通ると融資は口座への振込になります。この振込が銀行のシステムとの兼ね合いで時間によっては、翌日となってしまうからです。土日を挟めばもっと遅くなります。

ほとんどの業者は、午後2時までに審査が通らにとその日に融資が受けられません。急にお金が必要になったのが、昼を過ぎていれば無理な可能性が高いです。

そこで、無人契約機で申し込みをすれば、即日融資の可能性が格段に上がります。無人契約機は色々な業者が出してますが、概ねどこの業者も夜9時から10時ぐらいまで営業してますし、遅いところは12時まで営業しています。

ひとつの業者でも場所や曜日によって営業時間が変わったりしますが、振込融資に比べると圧倒的に遅くまで開いてます。

無人契約機での申し込み手順は、いたって簡単なので早く終わりますが、審査に時間が掛かる場合もあります。それでも1時間以上になることはまずありませんから、インターネットで申し込み、時間的にギリギリになるようなら最初から無人契約機を選択したほうが早いです。

時間が午後2時前で出かけることも出来ない状態なら、もう即日融資は諦めるしかないです。そういう時はインターネット申し込みをしておいて、翌日の振込に期待するしかないですが、ほとんどの場合朝イチ振込は期待できません。午前中に振り込まれればOKぐらいの感じで待ちましょう。

とにかく無人契約機に行けば営業時間ギリギリでもない限り、その日のうちに現金を手にすることが出来るので、積極的に使っていけば良いと思います。周りの目が気になる人もいると思いますが、結構人目に付きにくい場所に多くあるので、比較的入りやすいと思います。

中に入ってしまえば、完全に外と隔離されるので何の問題もありません。

自分の部屋でインターネットを使いリラックスして申し込むのが1番なので、お金が必要になったら迷わず迅速に行動すれば、即日融資を受けられる可能性が上がるかもしれません。